訪問看護

私たちは、人と人とのつながりを大切に
専門職として一途一心に医療・福祉における質の向上に努めます

訪問看護について

訪問看護とは、病気や障害を抱えることになっても、住み慣れたご自宅でその人らしく生活できるよう看護ケアを提供できるサービスです。医師の指示のもと、看護師などのケアスタッフが訪問して、ご利用者様が安心して安全に療養生活が送れるよう支援します。

介護の現場では、「看護師は話しづらい…」というイメージを持たれがちなようですが、私たちは笑顔で垣根のないお付き合いをさせていただいております。

「謙虚に誠実に・ご利用者様本位のサービスを」を大切に、より良いサービスの提供を心掛けております。

  • 訪問看護って具体的には何をしてくれるの?
  • どうすれば訪問看護を受けられるの?
  • 訪問看護はどんな人が受けられるの?
  • 訪問看護を受けるには料金がいくらかかるの?

など、ご不明点がございましたら、ぜひお気軽にご相談ください。
私たちベテランの看護師がご自宅を訪問し、かかりつけ医・ケアマネジャー等と連携し、ご利用者様に合った在宅生活を支援します。
安心してお任せください。

私たちにできること

  1. ターミナルケア(自宅で安心して過ごせるようお手伝い)
  2. かかりつけ医の指示に基づく医療処置(病状の観察、血圧・体温・脈拍などのチェック)
  3. 在宅でのリハビリテーション(拘縮予防や機能の回復など)
  4. 床ずれ防止や処置(縟創の手当て)
  5. 療養上のお世話(入浴・洗髪・排泄などの介助)
  6. 低栄養や運動機能低下を防ぐアドバイスなど
  7. ご家族への介護支援・相談

主なサービス内容

日常生活の看護

  • 全身状態の観察
  • 栄養・食事摂取のケア
  • 排泄のケア
  • 清潔のケア
  • 療養環境の整備
  • 寝たきり・褥瘡予防
  • コミュニケーションの援助

特別な処置

  • チューブ類の管理
  • 褥瘡・創傷の処置
  • 点滴
  • 最期の看取り

認知症の看護や精神・心理的看護

  • 認知症根の対応方法
  • 生活リズムの調整方法
  • 事故防止のアドバイス
  • 内服薬の管理
  • 社会参加への相談

介護者の相談

  • 日常の健康相談
  • 介護に関するお悩み相談
  • 不安やストレスの相談
  • 介護者の休養に関する相談など
  • 介護用品の相談

このような場合にご利用ください

疾病別

疾病等 ご利用者の状況等 訪問看護で実施可能なサービス
認知症
  • 薬を飲んでいない時がある
  • 薬を飲みたがらない
  • 薬がいつも無くなってしまう
  • 服薬管理を致します
  • 薬の飲み方をご本人やご家族に指導致します
  • 飲み忘れや飲み過ぎの際の対処をアドバイス致します
褥瘡
  • ベッドでの生活が長くなっているので褥瘡予防をしたい
  • とても痛がっている
  • 消毒などの処置が難しい
  • ご家族・ヘルパーさんへ体位変換等の指導を行います
  • ヘルパーさんとの連携を図り、一体的に介護(生活)ができるようにアドバイス致します
便秘
  • 便通が思うようにいかず、精神的にイライラが続いている
  • お腹がいつも張っていて辛い
  • 便秘により食欲がない
  • 摘便や浣腸による排便管理を行います
  • 腹部の状態をアセスメントし、日常生活を見直すアドバイスを致します
  • 排便コントロールを行い、腹部症状の改善に努めます
移動困難
  • 移動がおっくうで臥床がち
  • 一人での外出が不安で引きこもりがち
  • よく転倒する
  • 離床に向けたリハビリプログラムを考え、目標を立て計画的に改善に取り組みます
  • 一緒に歩行訓練を行い、不安解消に心がけ、外出の機会が増えるよう援助します
  • 転倒予防に向けた筋力アップなど、残存機能の回復を図ります

症状別

症状等 ご利用者の状況等 当ステーションで実施可能なサービス
気持ちよく入浴がしたい
  • お風呂が嫌いで、長く入浴できていない
  • 一人で入るのは不安だが、介助を嫌がる
  • まずは思いを傾聴し、信頼関係を築いた上で、入浴できるようサポートします。
心のコントロール
(精神科)
  • 人間関係がうまくいかず、引きこもりがち
  • 自己の判断で薬を飲まない
  • 無理強いせずじっくりと関わり、信頼関係を築いて少しずつ交流を深めます。
  • 薬の必要性と薬理を考え、確実に服用できるよう援助します。
体調のコントロール
  • 風邪をひきやすい
  • 体調を崩して入退院を繰り返す
  • 活気がない
  • 風邪予防の対策を行います。
  • 異常の早期発見を行い、医師と協力して予防に努めます。
  • 医療者として根本的な原因を探ります。
痛みを和らげたい
  • 疼痛コントロールができていない
  • 薬をきちんと飲めていない
  • 痛くて動けない
  • 痛みの原因を究明し、医師と連携して疼痛緩和に努めます。
  • 服薬できない理由を明確にし、適切な服薬指導を実施します。
  • 疼痛コントロールを図り、日常生活を少しでも安楽に過ごせるよう努めます。